お知らせ

2021/06/10

今後の予定

「生きる」.JPG

緊急事態宣言中ではありましたが…。「日本の美術 受賞作家展」、ギャラリー八重洲・東京にて無事終了いたしました。

お立ち寄りくださった皆さまに心からお礼申し上げますm(_ _)m

 

せっかくの受賞記念なので、できればわたしも伺いたかったのですが…。移動自粛の折ということもありましたし、

何より、平和展の作品が予定通り完成しなかったのでした(; ゚∀゚)

受賞展のお知らせもせず、制作にかかりっきりになり…。数日前に無事完成いたしました。今は燃え尽きております(; ´∀`)

 

「第29回 国際平和美術展」、国内展は7月6日(火)~10日(土)、東京芸術劇場にて開催されます。

「平和」をテーマとした美術展ということで、平和とは何か、わたしなりにいろいろと考えてみました。

平和とは、暴力がないこと、と定義した人もいますが…。突き詰めて言えば、「生きる」ことが尊ばれること、脅かされないことではないか、と思うのです。

そうして、「生きる」とは、単に生存することのみを言うのではなく、生きものがその本分を十全に発露できることだと思うのです。

たとえ生存が保障されていても、それぞれのありようが否定されているような状態では、平和とは言えないのではないでしょうか。

 

 平和展作品は、折れた桜の株を中心に作りました。

落雷にでも遭ったのでしょうか、うろになった内側は焼け焦げ、朽ち果てていますが、樹皮が生きていれば花は咲きます。若いひこばえの枝も育っています。

古い木なので、幹にはさまざまな着生植物が住み着いています。ノキシノブ、ウメノキゴケ、地衣類や苔類。

周りには草花が花を咲かせ、虫も集まります。アブラナについたあおむしが葉っぱを食べて大きくなり、蝶になります。レンゲソウでは蜜蜂が花粉集めに精を出しています。

散り際が潔いイメージのある桜ですが…。折れて枝葉を失い、朽ちてもなお、花を咲かせ、さまざまな生きものの拠りどころとなる、生にしがみつく桜の姿を表現したいと思ったのでした。

 

平和展作品、「生きる」とタイトルを付けました。直截ですが(^ ^;)

このような状況下ではありますが…。ご都合がよろしければ、ぜひ見にいらしてくださいませm(_ _)m

 

国内展の後は、9月にアメリカで海外展が開催されます。

ニューヨークのカーネギーホールにて展示される予定です(; ´∀`)

 

10月には、奈良市美術館にて行われる「美術評論とともに観る美術展~観る・読む・感じる~」に参加させていただきます。

…6月中に作品を完成させる予定です(; ゚∀゚)

 

じつは、その後…。12月にも、美術展に参加する予定なのです。

京都清水寺の圓通殿にて行われる藝展に、参加させていただくこととなったのでした(; ´∀`)

 

なんだか今年は美術展ばっかりですね(^ ^;)

イベントに参加しづらい状況なので、ちょうど良いと言えなくもないのですが…。

やっぱり、お客さまにお渡しするものを作ってこそのChi・Chiだと思うので。

6月いっぱいで観る展作品を完成させ、できれば、7月8月には販売用の作品を作ってネットショップに出したいなぁ、と思います。

がんばりますよ~(* ゚∀゚)ノ