作品ギャラリー

斑入りのあさがおコサージュ

草木染めの糸を編んで作った、斑入りのあさがおコサージュです。

絞り咲き、というのでしょうか。白く筋の入った、夏らしいしましまもようのあさがおです。

白いもようが映えるよう、濃いめに染め出した糸で編みました。紫と青紫、くっきりとしたもようが夏らしく、どこか和風な感じもして浴衣にも似合いそうです。

7月28日の上賀茂手づくりに出品するための作品です。

あさがおのコサージュ

草木染めの糸を編んで作った、色とりどりの青のあさがおコサージュです。

ヘヴンリーブルー、天上の青と名前の付いた、ソライロアサガオ。よく晴れた夏の空のようなみずいろです。

昼間の空より紫がかった、夕暮れの空のような青紫のあさがお。

あまりほんもののようではありませんが、少し緑みがかった涼しげなソーダブルーのあさがおも作りました。

7月28日の上賀茂手づくり市に出品するための作品です。

 

 

凌霄花のコサージュ

草木染めの糸を編んで作った、凌霄花のコサージュです。

ラッパ型の大きな花がこぼれるように咲くノウゼンカズラ。やわらかなオレンジ色が夏の日射しによく映えてあざやかです。

ほんものは花びらの表が赤みのオレンジ、裏が黄みのオレンジですが、編んで作るのは難しいですね。漏斗状の中心部分だけが黄みのオレンジです。

7月28日の上賀茂手づくり市に出品するための作品です。

立葵のコサージュ

草木染めの糸を編んで作った、立葵のコサージュです。

梅雨どきに咲く、タチアオイ。すっと丈高く伸びた茎につぼみがたくさんついて、赤やピンクのはなやかな花が下から順に咲き上がります。上まで咲くと梅雨が終わると言われています。

大ぶりであざやかで、夏らしい花です。手のひら型の葉っぱ、薄緑のつぼみもかわいいのです。

7月28日の上賀茂手づくり市に出品するための作品です。

販売用の手染め糸

7月28日の上賀茂手づくり市でも、草木染めの糸を販売いたします。

 

リネン82%・コットン18%の手編み糸をていねいに染めました。

1巻き10m、250円、3巻き700円で販売します。

 

夏らしい色展開の9色です。

IMG_0669.JPG

爽やかなレモンイエローの「れもん」。

苅安をみょうばんで媒染して染めました。

シャーベットのようなごく淡い色と少し強めに出した色、濃淡があります。

 

IMG_0670.JPG

お日さまのように力強い黄いろ、「ひまわり」。

たまねぎのみょうばん媒染で出しました。

日光にやや弱く、時間の経過とともに色がやわらかくなるので、色止めのつもりで苅安も重ねています。

 

IMG_0668.JPG

あざやかな青の濃淡「海」。

重曹を加えたログウッドを銅媒染して染めました。

 

IMG_0665.JPG

暮れなずむ空のようなやわらかな青の「そらいろ」。

ログウッドで染めた青に、ほんの少し茜を加えました。

ほんのり紫みをおびたやさしい色合いです。

 

IMG_0666.JPG

南の海のようなターコイズブルー、「ソーダ」。

ログウッドに苅安を重ねて出しました。

みずいろに近い色、緑みの強い色、少しずつ違う色合いです。

 

IMG_0673.JPG

完熟メロンの果肉と皮のような淡い緑と黄緑の「メロン」。

「ソーダ」を染めたあとの苅安液で染めると、ログウッドの青みが溶けだしているため、薄い緑に染まります。

煮出して洗うまで色の予測がしづらい染めかたですが、重ね染めよりもむらなくきれいに染まります。

 

IMG_0664.JPG

海藻のような深い緑いろの「海松」。

ログウッドで濃い青に染め、苅安やたまねぎで黄いろを加えます。

ログウッドが濃いと、苅安ではあまり黄いろが入らないのですが、たまねぎではむらになりやすいため、難しいです。

 

IMG_0671.JPG

つややかなコーラルピンクの、「珊瑚」。

茜で染めたマゼンタピンクに、苅安で黄みを足しました。

オレンジがかった、やわらかな赤いろです。

 

IMG_0672.JPG

明日はお天気になりそうな夕暮れの、「夕焼け」。

苅安と茜をみょうばん媒染で交互に染め、あざやかなオレンジいろを出しました。

 

※草木染めは化学染料のように丈夫ではないため、日光に当てるとじょじょに退色してしまいます。

※水に濡れたまま放置すると色移りする可能性があります。

※ログウッドを使用しているものは、酸にたいへん影響を受けやすいので、酢やレモン汁などにお気を付けくださいm(_ _)m

1 2